香港訪問者が減少。莎莎(ササ)は20%の店舗閉鎖を予定

更新日:2020年01月16日
LINEで送る
Pocket

莎莎

香港で100店舗以上、海外も含めれば260店舗以上を展開するコスメショップ大手「莎莎(ササ)」の2019年10~12月の売上高がグループ全体で前年度比27.3%減となりました。莎莎は賃料や人件費などのコスト削減をおこなっており、今後半年で20%の店舗閉鎖を計画しています。香港の観光局は、2019年7~12月の香港訪問者数が前年比39.1%減となったことを発表しており、香港への訪問者減少も大きく影響していると思われます。

香港訪問者数の減少について、香港観光局の彭耀佳代表は「旅行先としての香港のイメージを再建し観光業が回復できるよう、我々は根気強く世界的なプロモーションに取り組んでいる」と話し、先月リリースをおこなった航空券やホテルの割引パッケージを案内するウェブサイトHong Kong is On(https://hkison.com/eng/)なども紹介しました。2018年と2019年全体を比較すると訪問者数は約6515万人から約5590万人と14.2%減少しているようです。