香港での市場調査や企業情報リサーチについて

香港での市場調査やマーケティングリサーチは当社にお任せください。予算や調査期間に応じて定量調査や定性調査などを最適に使い分けて目的を達成します。当社では企業情報リサーチも得意としていますので香港企業の信用情報や実体調査などもお任せください。香港のビジネス環境に精通している専門家スタッフが豊富な知識と経験を生かして情報収集をおこない情報提供をいたします。

香港での市場調査とマーケティングリサーチについて

香港での市場調査とマーケティングリサーチについて

香港で商品販売やサービス展開を考えている方は、まずは市場調査やマーケティングリサーチをおこない、市場動向や顧客ニーズを把握した上で将来に向けた計画を立てていくことをおすすめします。市場調査には「定量調査、定性調査、覆面調査、競合他社調査、規制や法律調査、統計データ調査」などの調査種類があり、過去から現在までの市場動向を明確にしていくことができます。市場調査の各種詳細はページ下部にて説明していますのでご覧ください。マーケティングリサーチとは、市場調査により現在までの市場動向を把握した上で未来予測や分析をおこない市場検証をおこなっていく調査手法のことになります。

日本の既存サービスを香港で展開したいと考えている方は、日本のデータと比較をしながら香港の状況を把握して、計画を立てていくと良いでしょう。また日本と香港での文化や環境の違いも理解することが大切です。

香港法人の情報を入手するための企業情報リサーチ

香港法人の情報を入手するための企業情報リサーチ

香港はビジネスの規制が少ないため海外からの進出が容易におこなえるメリットがある反面、ペーパーカンパニーや新設法人なども多いあるため、香港法人との新規取引をおこなう際には取引先企業の信用について調査することをおすすめします。

当社が提供している企業情報リサーチでは、香港政府の登記局から取得できる全ての情報、直接訪問をして得られる情報、調査対象となる企業が開示許可をした情報などを提供することが可能です。調査対象企業とトラブルが発生している場合は、過去の実例をもとにアドバイスをおこない、法的手続きが必要な場合には弁護士をアレンジして解決に向けたサポートをおこないます。

市場調査やマーケティングリサーチの内容と費用

市場調査やマーケティングリサーチの内容と費用

市場調査やマーケティングリサーチでは、調査対象を集めてアンケートや商品使用を実施したり、店舗に訪問をして覆面調査や競合他社の調査をしたり、香港政府や各大学などが提供しているデータから必要情報を得て、調査報告書を提出する業務となります。その他にもお求めの調査がありましたらお気軽にご相談ください。

調査費用 ご要望に応じてお見積りとご提案をいたします。
可能な調査 定量調査 / 定性調査 / 覆面調査 / 競合他社調査 / 統計データ調査 / 香港の規制や法律調査など
提供サービス 調査手法の提案 / 調査の実行 / 情報整理 / 結果レポートの提出

企業情報リサーチの調査内容と費用

香港企業を調査する方法は主に3つ「香港政府の登記局での調査、直接訪問による調査、調査専門会社への委託」あります。当社にご相談いただければ調査目的に応じた最適な調査方法を選択して調査を実行いたします。それぞれ調査方法の特徴は以下をご覧ください。

香港政府の登記局での調査

調査費用 500香港ドル
データ取得期間 1営業日
提供できるデータ 登記簿謄本 / 登記住所 / 株主情報 / 役員情報 / 資本金 / 持ち株数 / 各資料の日本語での解説

直接訪問による調査(依頼内容に応じて調査します)

調査費用 1,000香港ドル
調査期間 3営業日
調査内容 法人住所に直接訪問し、実体の有無を報告

調査専門会社への委託

調査費用 5,000香港ドル
調査期間 10営業日
提供する情報 基本的な提供情報

登記住所 / 株主情報 / 役員情報 / 資本金 / 持ち株数 / 会社秘書役 / 法人の裁判履歴 / 個人の裁判履歴 / オーナーが保有する香港法人情報 / 結果レポート(英語)

その他の提供情報(対象企業が開示した場合)

事業内容 / 社内体制 / 財務状況 / 支払条件 / 取引先 / 評価レポートなど

※日本語の結果レポートが必要な場合はご相談ください。

市場調査や企業情報リサーチの流れ

香港での市場調査やマーケティングリサーチ、香港企業の信用や実体調査の流れをご案内します。調査方法や期間は依頼内容により変わるため、まずはメールや電話にてお問合せください。香港のビジネス環境に精通している専門家のスタッフが豊富な知識と経験を生かして必要な情報を収集してご提供いたします。

  1. メールや電話で調査依頼のお問合せをいただきます。
  2. 調査企画や設計をおこない見積書を作成します。
  3. 請求書を発行しますので指定口座にお振込みいただきます。
  4. 調査をおこなった後、結果レポートを作成してご提供します。
お電話でのお問合せ
(+852)2529-8288
受付:9:00〜17:00/月〜金(祝日は除く)
メールでのお問合せ FAQ市場調査・企業情報リサーチの良くある質問

調査方法の種類(定量調査、定性調査、覆面調査、競合他社調査など)

市場調査やマーケティングリサーチの代表的な調査方法である「定量調査、定性調査、覆面調査、競合他社調査、統計データ調査、香港の規制や法律調査」について解説します。

定量調査とは

定量調査とは、数値化できるデータを収集して分析していく調査手法になります。選択式のアンケートを用意して100人以上に「郵送、電話、インターネット、会場」などでアンケートを実施し、データ収集および分析をおこないます。実際に商品やサービスを使用してもらい評価情報を取得するホームユーステスト(HUT)という手法も良く使われています。なお、定量調査は評価が数値化されるため説得力の高いデータを収集することができます。調査費用が安く、短期間でデータ収集ができるというメリットもあります。

定性調査とは

定性調査とは、数値化できない情報を収集するための調査手法です。属性が共通するグループを集めてインタビューをおこない、言葉や行動などの情報収集と分析をおこないます。また、司会者と対象者が1対1で対話をして情報を得ていくデプスインタビューも定性調査の代表的な調査手法になります。

グループインタビューでは、質問や議論を繰り返して本音や本人でも認識していなかった潜在的なニーズを引き出したり、実際に商品を使ったり触れたりしながら新たな発見や深層心理を掴むことが期待できます。さらに、デプスインタビューを同時に実施しすることで、対象者から複雑で込み入った詳細な情報を引き出すことができます。なお、香港人は日本人よりも自己主張が強いため、定性調査によって沢山の意見を得ることもできます。

覆面調査(ミステリーショッパー)とは

覆面調査(ミステリーショッパー)とは、第三者が消費者の立場で調査対象のレストランやショップを利用し、問題点や改善点などの情報を収集して依頼主に報告をおこなう調査手法のことです。依頼主が店舗の場合、従業員から得られる現状報告とは異なり、消費者目線での現状報告が得られます。また、ミシュランガイドの調査員は覆面調査の代表例といえます。

香港のレストランに注目すると、オープンの時とは味が違う、サービスが悪くなった、店が汚くなったという声をよく聞きます。日本と香港では商習慣が大きく異なるため、品質やサービスのコントロールや改善のために定期的な覆面調査をおこなうことをお勧めします。

競合他社調査とは

競合他社調査はライバル会社を徹底的に調査・分析する調査のことであり、自社ビジネスの現在の位置や未来の展開を明確にできるメリットがあります。業種や業態により競合他社調査の手法は変わります。例えば日本食レストランを新規出店したいと考えている場合は「エリア分析(潜在顧客、購買意欲、エリア特性、ニーズなど)、マーケット分析(日本食店数、業種業態、強み弱みなど)、競合店分析(メニュー分析、価格分析、立地分析、販促分析)」といったフレームワークを基準として分析をおこなっていきます。

統計データ調査とは

統計データ調査とは、依頼者が知りたい情報を香港政府や各大学などが提供するデータを使って調査をする手法のことです。信憑性の高いデータは公的機関のデータベースに集まっていますが、依頼内容によって公的機関では取得できないことも多いため、色々なネットワークを活用して調査をおこなっています。統計データ調査では、地域、年齢層、収入などをセグメント(区分)して情報を抽出することもできます。

香港の規制と法律調査

香港の規制や法律を知ることは香港でビジネスをおこなう上で非常に重要です。とくに特殊分野のビジネスでは弁護士のリーガルチェックを事前におこなう必要があります。香港で展開を考えているビジネスにライセンス(許認可)が必要であるかも調べる必要があります。ライセンスが必要と分かれば、ラインセンス取得に詳しい当社などに取得相談をおこなうのが通常です。
上記以外にも当社には様々な調査手法があります。例えば香港の各スーパーマーケットに訪問をして競合商品の価格を調査するような取り組みもおこなっています。香港で実行したい調査がございましたらお気軽にご相談ください。
お電話でのお問合せ
(+852)2529-8288
受付:9:00〜17:00/月〜金(祝日は除く)
メールでのお問合せ FAQ市場調査・企業情報リサーチの良くある質問