マクドナルド香港が高級志向のハンバーガーを販売

更新日:2017年03月10日
LINEで送る
Pocket

マクドナルド

昨日、香港に約240店あるマクドナルドのほぼ全店舗で、高級志向のハンバーガー「ザ・シグネチャーコレクション」の販売が開始しました。加えて、自分でバンズ、野菜、肉、ソースなどを選べる「マイ・シグネチャー」シリーズも約60店で展開されています。

「ザ・シグネチャーコレクション」は、アンガス牛のハンバーグを挟んだチーズ・シャンピニオン・アンガスバーガーをはじめとする三種類で、どれも素材にこだわっているとのこと。セット価格で35.8香港ドル(約530円)と従来のハンバーガーのセットよりも、5香港ドルほど高い値段設定となっていますが、香港のマクドナルドは世界的に見ても低価格であるため、お手頃と言えるのではないでしょうか。

香港のマクドナルドは今年1月、中国本土の「CITIC(中国中信集団)」に買収されたことで話題となりました。今回の高級志向のメニュー導入は、CITICによる経営方針の転換であり、客単価の向上を目指していると明報は報じいます。

CITICによる買収が発表された当時は、「中国系企業になったら品質が保証されなくなるのでは」といった街角インタビューの声が目立っていましたが、高級志向のハンバーガー展開がどのような反響を得るのか気になるところです。