オフィス家賃が高い国、香港が世界1位

更新日:2015年10月15日
LINEで送る
Pocket

不動産

ロンドンの不動産コンサルタント「Knight Frank」が世界各都市のオフィス家賃の比較をおこない、香港が今年も1位、2位はニューヨーク、3位は東京、4位はロンドンと続きました。

調査対象は、各都市のビジネスにおける好立地な物件で算出されており、香港は1スクエアフィート(≒0.0929㎡)あたり年間255.5米ドル、2位のニューヨークは年間153米ドル、3位の東京は年間125米ドル、4位のロンドンは年間122米ドルとなりました。

なお、オフィス家賃の値上では、香港は前年度とほぼ変わらず。他の都市は前年に比べて値上がり傾向にあるようです。

オフィス家賃に限らず、住宅家賃も世界一の香港ではありますが、来年からは家賃が下がるという見方が強まっています。香港に居住する私達にとっては家賃が下がってくれることを期待しています。

当社では地場の不動産の紹介も可能です。詳しくは「不動産賃貸」のページをご覧ください。