ギネス認定の96歳DJがホンハムで引退公演

更新日:2021年09月29日
LINEで送る
Pocket

Uncle Ray

最年長DJとしてギネス認定されている96歳のアンクル・レイ(Uncle Ray)の引退公演が、11月6日と7日にホンハムの「紅館(香港体育館)」で予定されており、香港の大物歌手テレサ・カルピオ(65歳)やエリサ・チャン(66歳)なども参加予定です。紅館は日本の武道館のような位置づけで、日本人では安室奈美恵、西城秀樹、CHAGE and ASKA、Kinki Kids、松任谷由実、浜崎あゆみなどもコンサートをおこなっています。

アンクル・レイ(Uncle Ray)はポルトガル系で香港生まれ、1949年25歳の時に「プログレッシブ・ジャズ」というラジオ音楽番組のDJになります。1960年にラジオ局RTHKで働き始め、1970年から2021年5月の引退までラジオ番組「RTHK Radio 3」で人気の音楽を紹介する「オール・ザ・ウェイ with Uncle Ray」のホストとして50年以上活躍。2000年の時点でギネス世界記録の「World’s Most Durable DJ(世界最長寿命DJ)」に認定されました。2012年から2021年は「ジャスト・ジャズ with Uncle Ray」のホストも務めました。その他、ビートルズなどの著名アーティストのインタビューでも知られています。

現在、2021年6月に香港俳優の胡楓(89歳)が紅館でおこなったコンサートが最年長記録となっていますが、新型コロナ対策規制などの影響がなくアンクル・レイの公演が実現すれば紅館でのコンサートの最年長記録になります。

チケットの購入は以下のサイトから可能です。
https://ticket.urbtix.hk/internet/

< 香港の新型コロナウイルスの状況 >
香港の新型コロナウイルス新規感染者数は、一昨日3人(域内感染者0人)、日曜13人(域内感染者0人)、感染者合計は12,210人、死者合計は213人となっています。ワクチン接種者合計は1回目接種が4,472,848人(対象者約680万人中65.8%)(シノバック1,623,583人、ビオンテック2,849,265人)、うち2回目接種が4,149,885人(シノバック1,505,134人、ビオンテック2,644,751人)となっています。