香港警察が歩行者の交通違反取り締まりを強化

更新日:2018年07月13日
LINEで送る
Pocket

草むらに隠れる警察

香港警察は現在、横断歩道がない場所での横断(ジェイウォーク)の取り締まりを強化しています。香港メディア「The Standard」には警察が取り締まりをおこなう様子(画像参照)が掲載されており、違反をした歩行者には300香港ドルから2,000香港ドルの罰金が科されます。

3日前(7月10日)には、街角、歩道橋や横断歩道などに配置された警察が、違反者をビデオカメラで撮影して罰金を要求する姿がメディアに取り上げられました。香港警察は取り締まり方法の詳細を明らかにしていませんが、「2018年の最優先事項の1つは歩行者の安全である。歩行者は、交通ルールに従って横断施設(横断歩道や歩道橋)を渡るように。」と注意を呼びかけています。

香港警察の統計データを見ると、2018年1月から5月までに発生した歩行者の交通事故は6,164件、昨年の同時期は6,283件であるため歩行者事故は減少していないのが現状です。なお、2017年に信号無視をして違反切符を切られた歩行者は14,915人となっています。

香港で生活をしていると歩行者の信号無視や車道の横断などを頻繁に目撃します。事故一歩手前という危険な場面も見かけますので自分の身を守るためにも交通ルールは守りましょう。交通違反者につられて無意識に信号機無視をしてしまう恐れもありますのでご注意ください。

画像はThe Standardより引用(http://www.thestandard.com.hk/section-news.php?id=197830&story_id=50016066&d_str=20180713&sid=11