東京で香港名物「鶏蛋仔(ガイダンジャイ)」が食べられる

更新日:2018年07月30日
LINEで送る
Pocket

香港ソウルフード

香港名物エッグワッフル「鶏蛋仔(ガイダンジャイ)」が東京都内のフードトラックで食べられるとして香港メディアが話題に取り上げています。フードトラックを運営するのは小学校からの幼馴染である香港人夫婦(35歳のWallaceとMilk)、日本での苦労や奮闘ぶりも合わせてご覧ください。

香港人夫婦のフードトラックの名は「Bubble Shop(バブルショップ・タマゴちゃん)」。香港のものを色々な場所で販売したいという思いで考えついたのが、フードトラックでの鶏蛋仔(ガイダンジャイ)の販売だったようです。

運営開始までに、日本の運転免許を取得、車を購入してフードトラック仕様に改造、衛生管理者の資格取得のために保健所で教習を受け営業ライセンスを取得、各種必要な保険に加入、販売場所を確保、などの数多くの工程と沢山の苦労があったようです。

現在は埼玉県川越市に住み、1ヶ月に4日程度の休みで、朝から晩まで約17時間勤務のハードな生活を送っているようですが、「日本の有名な場所で香港の鶏蛋仔(ガイダンジャイ)を販売できるなんてとても充実している。また、投資額は約500万円だったが日々人気が高まり今は十分な生活ができているし、今後は香港人の日本市場進出の手助けをしていきたい。」と夫婦はメディアの取材で語っています。

香港人夫婦が販売をする鶏蛋仔(ガイダンジャイ)は、香港風オリジナル400円、香港風オリジナルチョコチップ450円、香港風オリジナルハム450円、ストロベリー450円、ストロベリーチョコチップ500円、チョコレート450円、チョコレートチョコチップ500円、抹茶450円、抹茶チョコチップ500円の9種類となっています。

出店場所や営業時間は下記のオフィシャルホームページにて確認できます。

■Bubble Shopのホームページ
【ホームページ】
http://bubbleshop.strikingly.com/

【facebookページ】
https://www.facebook.com/bubbleshoptamagochan/

平日 : 11:00 – 14:30
土日祝 : 11:00 – 16:30