香港の雇用条例ガイドブック(日本語)

雇用条例(香港法第57章)は、香港の雇用に関する法律を網羅する重要な法律で、日本の労働基準法に相当する法令です。労働者の雇用保護を主な目的とし、労働者の労働条件に関する最低基準を明文化したものとなります。この条例は雇用条例ガイドブックにまとめてられており、香港で雇用契約に基づき雇用される全ての従業員およびその雇用主に適用されるため、雇用主は雇用条例に対する正しい理解を日々のマネジメントに反映させることが重要となります。

雇用条例の知識がないために、違法な雇用契約や業務命令をしてしまうことのないように、香港で就労する方や雇用する方は、雇用条例の知識を備える必要があります。もし雇用主が雇用条例に違反した場合、罰金または禁固刑に処される可能性があるので注意が必要です。

雇用条例には「賃金、法定休日、有給休暇、傷病手当、出産休暇、年末手当、雇用契約の解除、長期服務金、解雇保証金など」労働条件に関する最低基準が明記されており、当社では英語が不安な方に対して「雇用条例ガイドブックの日本語訳」を以下にご提供しておりますのでご参照ください。

上記の雇用条例ガイドブックの日本語版は、香港労働局が以下ホームページ上で公開している13章からなる雇用条例の概要を記したガイドブック(2020年12月版)を日本語翻訳したもになります。

香港の雇用条例のガイドブックの内容を含む、人事労務管理のことなら当社にお任せください。人事労務管理の経験豊富な日本人スタッフが香港の法律に基づき丁寧にサポートします。給与計算やMPF(強制積立年金)の手続きなどにも対応しています。

お電話でのお問合せ
(+852)2529-8288
受付:9:00〜17:00/月〜金(祝日は除く)
メールでのお問合せ FAQ人事労務管理の良くある質問