業務スーパーが香港の大埔(タイポー)にオープン

更新日:2021年05月06日
LINEで送る
Pocket

タイポー

5月7日(金)、日本全国で業務用食品を販売している「業務スーパー」が香港の大埔(タイポー)に正式オープンします。「業務スーパー」は、日本の神戸物産が直営とフランチャイズで展開しているスーパーですが、大埔店は商品を供給し店名の使用許可を与えた香港初の店舗となるようです。

当社が日本の神戸物産に直接電話で確認したところ「香港の大埔店は、直営やフランチャイズといった契約ではなく、商品を供給し店名の使用許可を与えている店舗」との回答がありましたので、日本の店舗のように全商品が神戸物産からの商品とは限らないのかもしれません。

日本の業務スーパーでは「毎日がお買得をコンセプトにプロの品質とプロの価格をご提供」というスローガンを掲げ、飲食店経営者向けの業務用食品だけでなく一般消費者からも日本全国で支持されているスーパーです。さらに独自のプライベートブランド商品にも力を入れています。

香港1号店となる大埔店は現在プレオープン中であり、開設されていたフェイスブックページ(現在アクセスができない)では多くの買い物客の様子がアップされていました。フェイスブックのコメント欄には「ドンキやスシローのように各地で店舗展開をしてください」、「日本で見た1リットルプリンや徳用ウインナーが欲しい」などの要望など様々なコメントが投稿されていました。

業務スーパー
住所:大埔廣福道105號(Kwong Fuk Road, Tai Po)
営業時間:9時~21時
フェイスブック:https://www.facebook.com/KobebussanHK