政府が60回使える高機能マスクの申請受付を開始

更新日:2020年05月06日
LINEで送る
Pocket

香港マスク

香港政府が60回使える高機能マスク「CuMask+」の申請受付を開始しました。申請方法は下記にご案内する通りであり、簡単な申請で約2週間後に指定場所へマスクが届きます。

また、本日も新型コロナウイルスの新たな感染確認はゼロ、感染者合計は1,041人、退院者は920人となっています。しかし香港経済は悪化しており、香港政府の統計局は、3月の小売売上高(暫定値)を前年同月比42%減、14ヶ月連続の減少と発表しています。

■60回使える高機能マスクの申請が開始
香港IDカード保有者(赤ちゃんと幼児を除く)を対象として、香港政府は手洗いで60回使えるマスク「CuMask+」の配布申請を開始しました。小学生と幼稚園児は、各学校・幼稚園から1人に対して2枚のマスクが配布されますので申請は不要です。

CuMask+は、香港理工大学の「香港繊維・アパレル研究所(HKRITA)」が2017年に開発し、香港政府の支援を受けてデザインの改良がおこなわれました。6層からなり、2層には細菌やウイルスを動けなくする銅が含まれています。内臓フィルターは微小粒子捕集効率(PFE)や細菌ろ過効率(BFE)などにおいてASTM(American Society for Testing and Materials)の規格「F2100 Level 1」を満たしています。60回洗濯すると内臓フィルターの効果が弱まっているためフィルター交換が必要になるようです。

< 申請期間と申請方法 >
以下、香港政府サイトに「2020年5月6日(水)~6月6日(土)」までにアクセスし、氏名、香港IDカード番号、誕生日、電話番号、郵送先住所の情報を入力して申請をおこないます。同一世帯であれば1回の申請で、6名分をまとめて申請できますが、代表者1名が18歳以上であることが条件です。申請から約2週間で指定住所にマスクが届きます。
https://www.qmask.gov.hk/

< 使用上の注意 >
・冷水と石鹸で手洗いすること
・漂白剤、柔軟剤、蛍光増白剤入りの洗剤は使用しないこと
・ねじったりしぼったりしないこと
・アイロンをかけないこと
・3歳未満は窒息の恐れがあるため使用しないこと
・金属アレルギーの方は金属を含む2層に触れないこと
・使用後は毎日洗い、汚れている、湿っている場合は使用しないこと

なお、キャリー・ラム行政長官は、「6月後半に各家庭に10枚ずつ医療用マスク配布をおこなう」、「香港にある20のマスク生産ラインの助成金が承認された。来年は安定したマスク供給ができる」とも話しました。