中環の歴史ある元警察署が博物館としてオープン

更新日:2018年05月10日
LINEで送る
Pocket

旧警察署

中環(セントラル)のハリウッドロードに位置する150年以上の歴史を持つ元警察署「中區警署(Central Police Station)」が8年間の改修工事を終えて博物館「大館(Tai Kwun)」として生まれ変わりました。オープン日の5月29日は2,000人限定の入場規制、本日より公式ウェブサイト(https://www.taikwun.hk/en/)でオンライン予約が開始されています。

博物館として生まれ変わった「大館(Tai Kwun)」は38億香港ドル(約532億円)の予算をかけ改修されており、敷地面積は13,600平米、1841年から2006年まで使われていた香港最古の刑務所「域多利監獄(Victoria Prison)」を含む16館の歴史的建造物と、今回新たに追加された建造物で構成されています。

オープン日は、歴史的建造物16館のうち11館と新たに追加されたギャラリーなどに入場することができ、主な見どころは以下となります。

・当時のままの刑務所の牢屋見学
・監獄Bでは、部屋にトイレはなく2つの桶のみが置かれた生活環境を再現(1930年代にベトナムの建国の父「ホー・チ・ミン」が投獄されていたことでも有名)

・スイスの有名建築家ヘルツォーク&ド・ムーロンにより設計された新館の見学

今後、レストラン、カフェやバーでの飲食、フランスの劇団によるパフォーマンスやアカペラなどの音楽パフォーマンスも楽しめるようになります。イギリス統治時代の建築物の大部分がそのままの形として残っている貴重な施設ですので、ぜひとも訪れてみてください。

大館(Tai Kwun)
住所:10 Hollywood Road, Central, Hong Kong
営業時間:午前11時~午後11時(変更の可能性あり)

公式ウェブサイト:https://www.taikwun.hk/en/