アグネス・チャンが香港の教育局長候補?

更新日:2017年05月02日
LINEで送る
Pocket

アグネス・チャン ユニセフ

日本で1970年代に一世を風靡した人気アイドル歌手のアグネス・チャン(61歳)が香港の教育局長候補に推薦されたという報道があり、香港メディアでは様々な憶測や賛否両論の意見が飛び交っています。

4月28日、香港の次期行政長官(日本の総理大臣にあたる)林鄭月娥が、アグネス・チャンに教育局長への就任を要請したと香港のネットメディアが報道、4月30日の時点ではまだ未確定情報であり、アグネス・チャン自身も「びっくりした。これには答えられない」と回答しながらも、「有意義なことは、やりたいと思う」と回答しています。

アグネス・チャンはアメリカの超名門スタンフォード大学で教育学を学び博士号を取得、3人の息子は独自の教育理論によりスタンフォード大学へ進学させたという実績もあり、教育熱心な人物であることで知られています。しかし香港では、香港を離れて40年以上になる人物が香港の教育局長に推薦されることに疑問があるという声も多く飛び交っているようです。

香港メディアが発表した反対派の意見には「海外生活が主なので、香港の教育事情には疎いのではないか」、「過去に政治的な発言が非常に多く、さらに夫が安倍晋三首相と親交が深い点でも心配」との声があります。一方、賛成派の意見としては「日本やアメリカの教育方法に詳しい」、「現在香港で行われている反日教育がやめられるのではないか」との意見もあるようです。

林鄭月娥は「新政府のメンバーが決まるまで一切コメントしない」と発言しており、詳細は不明ですが、事実であれば非常に気になるニュースです。