日本の「焼肉ライク」が沙田にオープン

更新日:2021年01月06日
LINEで送る
Pocket

民主活動家逮捕

本日は、日本の焼肉ライクが沙田に来週オープンすること、香港製造のポケモンマスクが大人気となっていること、民主派の元議員ら50人以上が逮捕されたこと、香港政府が新型コロナウイルスの感染者状況により家での集まり禁止も検討すると発言したことが話題となっています。

■日本の「焼肉ライク」が沙田にオープン
ひとり焼肉を気軽に楽しめる日本の焼肉店「焼肉ライク」が、1月14日(木)に香港の沙田ニュータウンプラザにオープンします。焼肉ライクは、2018年8月に新橋で1号店をオープンし、「1人1台ロースター、好きな部位を好きなだけ楽しめる、新感覚焼肉ファストフード店」として人気があり、現在は日本国内に50店舗近くあります。

香港では飲食大手の美心集団(マキシムグループ)が運営します。香港の店舗でも、好きな部位を好きな分量オーダーすることができ、8種類のメニューセットや10種類以上の部位を追加できるなど、色々楽しめるとのこと。また、1月14日と15日の二日間は、一日100名様限定のプロモーションで牛バラ肉200gのセットが29香港ドル(約385円)で提供されます。詳細は「焼肉ライク」のフェイスブックとインスタグラムで発表されるようです。

香港メディアWeekend Weeklyでは記者の体験談が以下のように紹介されていました。 1.隣の座席との間隔に余裕があり、座りやすい。2.煙を吸うスピードが速く、服に煙の臭いがつかない。3.肉を焼くスペースは小さく、一気には焼けない。4.牛バラ肉30枚が29香港ドルと安いが、薄く焦げやすい。

焼肉ライク
オープン日:1月14日(木)
住所:沙田新城市廣場一期四樓408號舖
営業時間:11時30分~22時30分(新型コロナの状況で営業時間に変更あり)

■香港でポケモンマスクが大人気
香港のマスクメーカーMedoxが香港で製造している「ポケモン(Pokémon)マスク」が大人気となっており、Medoxの公式サイト上では、本日からインターネット販売が開始されています。すでにポケモンマスクを店舗販売しているMask Factoryでは開店前から行列ができるなど、香港内で注目を集めています。

ポケモンマスクのデザインは全24種類とのことですが、現時点で選べるのは6種類「ピカチュウ(Pikachu/皮卡丘)、シャワーズ(Vaporeon/水伊布)、サンダース(Jolteon/雷伊布)、ウインディ(Arcanine/風速狗)、ミミッキュ(Mimikyu/謎擬 Q)とオールスターズ(Pokémon)」となっています。

ポケモンマスク価格は一箱(30枚入り)128香港ドル、マスクの性能はASTM(米国試験材料協会)が定めるASTMのレベル3(最も高いレベル)となっています。

Medoxのオンライン販売サイト
https://www.medox.com.hk/products/pokemon-mask

Mask Factory(店舗販売)
尖沙咀店:海防道38號(11時~21時30分)
旺角店:西洋菜南街2T號(12時30分~21時30分)

■民主派の元議員ら50人以上が逮捕
今朝、民主派の元議員ら少なくとも52人が国安法違反(国家政権転覆罪)の疑いで逮捕されました。香港メディアRTHKでは「逮捕理由は、昨年7月に民主派によって実施された予備選挙に関連していると考えられる」と伝えています。逮捕された民主派の元議員らは予備選挙に出馬したメンバーなどであることが分かっています。

< 香港の新型コロナウイルスの感染状況 >
香港の新型コロナウイルス新規感染者数は昨日32人、感染者合計は9,050人、退院者合計は8,127人、死者合計は153人となっています。食物及衛生局のソフィア・チャン局長は、同じ家族でも世代をまたいで感染拡大していることを懸念しており、「別世帯の家族が一つの家に集まることについて、必要があれば禁止も検討する」と話しています。