今週末は中秋節!イベント情報や月餅ニュース

更新日:2019年09月11日
LINEで送る
Pocket

火龍イベント

9月13日(金)は中華圏における伝統の収穫祭「中秋節」で香港では多くの会社が夕方前に終業となり、「家族で食事をする」、「お世話になった人へ月餅やフルーツを渡す」、「灯籠(ランタン)や伝統行事を見る」などの風習があります。今年も「舞火龍(ファイヤー・ドラゴン・ダンス)」、「灯籠祭り(ランタン・フェスティバル)」などといった様々な行事がおこなわれますのでご案内します。また、月餅に関するニュースもありましたので合わせてお伝えします。

≪ 中秋節の注目イベント情報 ≫
1.「大坑舞火龍(タイハン・ファイヤー・ドラゴン・ダンス)」 銅鑼湾(コーズウェイベイ)近くの大坑(タイハン)で毎年行われる「大坑舞火龍」は無形文化遺産リストに登録されており、地元の人だけでなく観光客も多く訪れる有名な中秋節イベントです。太鼓や銅鑼(どら)の音とともに、72,000本もの線香の火に覆われた全長約67メートルの巨大ドラゴンが浣紗街(Wun Sha Street)を練り歩く様子は圧巻です。
日時:9月12日(木)と13日(金)午後8時15分~午後10時30分
   9月14日(土)午後8時15分~午後10時
場所:銅鑼湾大坑(タイハン)
最寄り駅:天后(ティンハウ)駅

オフィシャルサイト: http://www.taihangfiredragon.hk/home.html

2.「中秋節灯籠祭り(ランタン・フェスティバル)」
銅鑼湾(コーズウェイベイ)にあるビクトリア公園で毎年おこなわれている大型ランタン展示イベントが、今年も本日11日から開催されます。今年の目玉は大きさが20m×20mにもおよぶ龍型の巨大ランタン。香港の無形文化財であり職人の手で作られたランタンを是非お楽しみください。また、13日の夜10時45分には大坑(タイハン)の火龍がビクトリア公園にもやってきます。
日時:9月11日(水)~15日(日)午後6時30分~午後11時
場所:銅鑼湾ビクトリア公園
最寄り駅:銅鑼湾(コーズウェイベイ)駅

オフィスサイト: https://www.lcsd.gov.hk/en/cpo/territoryevents/midautumnlantern/midAutumn2019.html

3.薄扶林村舞火龍(ポクフーラム・ファイヤー・ドラゴン・ダンス)
香港島南にある薄扶林(ポクフーラム)村では、舞火龍が街を走り抜けた後に海へ投げ入れられるイベントが開催。大坑(タイハン)とは違った面白さがあります。
日時:9月13日(金)午後6時30分~午後11時45分
場所:香港島薄扶林村

行き方:バス4Xで中環(セントラル)のExchange Squareから薄扶林村まで

≪ 月餅関連ニュース ≫
・香港の月餅を中国へ密輸入

毎年、月餅を買うため中国本土から香港を訪れる人も多いようですが、今年はデモの影響で激減。それでも香港の月餅は人気があるため、運び屋が中国本土に密輸入し30%上乗せした価格で販売していると香港メディアon.ccが伝えました。香港の医師は、月餅は適温で保存する必要があり、密輸などで運ばれた月餅は温度管理がされていないため食べると病気になるかもしれないと危険性を訴えていました。

・人気アイス月餅ブランド「大班」がデモ支持で中国から反発

香港で大人気のアイス月餅「大班冰皮月餅(Taipan Snowy Mooncake)」を販売する大班麵包西餅(タイパン)社では、創業者の息子が香港デモをサポートする内容を個人SNSで投稿した結果、中国本土の販売店が次々とタイパン月餅の取り扱いを拒否するという事態に発展。「一度解凍されたアイス月餅が香港内に返送され販売されているのでは?健康上危険では?」などという噂が香港内で回っており、タイパン社のマーケティング担当者は「中国から返送されたものを販売することは絶対にない」と香港メディアThe Standardに話しているようです。