2月3日、フードトラックが香港内8ヵ所で営業開始

更新日:2017年02月01日
LINEで送る
Pocket

フードトラック

いよいよ明後日(2月3日)、2年間の準備期間を経たフードトラックが香港内8ヵ所で営業開始となります。メニューはどれも個性的で、まずは8台のフードトラックが主要広場などで営業開始され、最終的には16台(中華8台、西洋4台、多国籍4台)のフードトラックが香港内に出店となる予定です。

明日はフードトラックのお披露目日、営業は2月3日から、フードトラック8台の情報と代表メニューは以下となります。2月20日以降は他の場所で営業しているフードトラックと入れ替わるようですので、行きたいお店が決まっている方はご注意ください。

■中環(セントラル) ハーバーフロントイベントスペース

中華料理、「魚の浮き袋と干し貝柱のスープ」

■観塘(クントン) 起動九龍東ハーバーフロント

西洋料理、「BBQポークバーガー」

■湾仔(ワンチャイ) 金紫荊廣場(ゴールデンバウヒニア広場)

多国籍料理、「アメリカンスタイルBBQ蒸し包」

■尖沙咀(チムサーチョイ) 梳士巴利花園(サリスバリーガーデン)

中華料理、「フレッシュクリームパイナップルパン」

■尖沙咀(チムサーチョイ) 藝術廣場(アートスクエア)

多国籍料理、「ドラゴンフルーツボウル」

■黄大仙(ウォンタイシン)広場

中華料理、「五色餃子」

■香港ディズニーランドの外側

中華料理、「魔厨やきそば」

■海洋公園(オーシャンパーク)の外側

中華料理、「豚軟骨大根ご飯」

政府主導で進められているフードトラックは、観光業や飲食業の発展に繋がると期待されているプロジェクトとなります。香港生活者だけでなく、観光で訪れた方も是非お立ち寄りください。

全16台のフードトラックの代表メニューは政府発表のpdfに掲載されていますのでご覧ください。

http://www.tourism.gov.hk/english/foodtruck/files/list_of_signature_dish.pdf