第7回アート・バーゼル香港、明日から一般公開

更新日:2019年03月15日
LINEで送る
Pocket

artbasel2019

明日3月29日(金)からの3日間、一般向けにアジア最大級のアートフェア「第7回アート・バーゼル香港」の公開がはじまります。開催場所は湾仔(ワンチャイ)にある香港コンベンション・アンド・エキシビション・センター、世界36か国・地域から242ものギャラリーが出展し、半数以上はアジアまたはアジア太平洋からの出展となります。ジョアン・ミロやルネ・マグリット、草間彌生、村上隆などの世界的なアーティスト作品から話題の若手アーティストの作品まで幅広く展示されます。

アート・バーゼルは1970年にスイスの都市バーゼルで開催されたアートフェアが始まりで、現在は近現代アートを中心とする世界最大級の権威あるアートフェアとして大変有名です。2002年よりマイアミ・ビーチ(アメリカ)、2013年より香港でも開催されるようになりました。

展示エリアは8つに分かれており、メインエリアである「Galleries(ギャラリーズ)」には196の世界有数のギャラリーが絵画、彫刻、インスタレーション、写真、ビデオなど様々な作品を展示。名門ギャラリーPERROTIN(ペロタン)は、日本のアーティストである村上隆(むらかみたかし)の作品展示もおこなうようです。

Discoveries(ディスカバリーズ)エリアでは若手アーティストの作品。Encounters(エンカウンターズ)エリアでは大型彫刻や大型作品。Insights(インサイツ)エリアではアジアやアジア・パシフィック地域のアーティストの作品。その他、Kabinett(キャビネット)、Film(フィルム)、Magazines(マガジンズ)、Conversations(カンバセーションズ)のエリアがあります。 ご興味のあるエリアを見学してみてはいかがでしょうか?

第7回アート・バーゼル香港
会場:香港コンベンション・アンド・エキシビション・センター
住所:1 Expo Drive, Wan Chai, Hong Kong
一般公開時間:3月29日(金)午後1時~午後8時まで
      :3月30日(土)午後1時~午後8時まで
      :3月31日(日)午前11時~午後6時まで

チケット詳細:https://www.artbasel.com/hong-kong/buy-tickets