香港不動産の仲介手数料に関する詳細

仲介手数料 香港で不動産を購入したり賃貸物件を借りる場合には仲介手数料が発生します。仲介手数料の仕組みは日本と香港では異なる点があるため、香港での仲介手数料の仕組みについて解説していきます。

仲介手数料とは

仲介手数料とは、日本と同様に借主(買主)と物件オーナーを仲介した不動産会社に支払う手数料のことを言います。日本との違いは、借主(買主)が負担する仲介手数料が低いという点、不動産会社は借主(買主)と物件オーナーの両方から仲介手数料を受け取るという点にあります。

仲介手数料の金額

仲介手数料の金額

香港で賃貸物件を借りる場合の仲介手数料は家賃の0.5ヶ月となります。不動産仲介会社や物件種類によっては家賃の1ヶ月となることもありますので事前に確認することが大切です。

住宅物件を購入する際の仲介手数料は、新築物件では不要、中古物件では一般的に物件購入価格の1%となります。住宅物件を売却する場合の仲介手数料は一般的に売却価格の1%となります。香港の仲介手数料は日本を含めて世界的に低いとされています。住宅物件やオフィス物件などの購入では価格交渉だけでなく、高利回りや値下がりの可能性が低い不動産物件を案内することができ、不動産の売却では広域ネットーワークを活かして高値で売却できるよう交渉します。

仲介手数料の日本との違い

一般的に日本で賃貸物件を借主(買主)が家賃の1ヶ月分を不動産会社に仲介手数料として支払いますが、香港の場合は「借主(買主)が0.5ヶ月分の家賃、物件オーナーが0.5ヶ月分の家賃」を仲介手数料として不動産会社に支払います。

仲介手数料を支払うタイミング

仲介手数料は、不動産物件の仮契約締結後、本契約を締結するタイミングで支払います。オフィスやレストラン・ショップなどの不動産物件の場合、仲介手数料を小切手で支払うのが一般的ですが小切手の準備ができないという場合は、物件オーナーに現金払いや銀行振込での支払いができるかを交渉いたします。

契約更新時の仲介手数料

通常であれば契約更新は契約満了となる1~2ヶ月前に、不動産仲介会社から契約更新の案内が届きます。住宅物件の契約更新時の仲介手数料は家賃の0.25ヶ月~0.5ヶ月分に設定されることがほとんどですが、不動産仲介会社に事前に確認することをおすすめします。物件オーナーも同様に不動産仲介会社に家賃の0.25ヶ月~0.5ヶ月分を支払っています。

物件オーナーの中には不動産仲介会社への仲介手数料の負担を避けるために、不動産仲介会社を通さずに契約更新をおこなうという物件オーナーもいますので、仮契約前に契約更新時の手続きについて不動産仲介会社に尋ねておくことも重要です。

香港で不動産をお探している方は当社にお任せください。当社と連携している不動産会社が、ご要望にベストマッチをする最適な物件を案内し、価格交渉から契約後のアフターフォローまでフルサポートいたします。ご不明な点などはお気軽にお問合せください。

電話相談(日本人が対応)
(+852)2529-8288
受付:9:00〜18:00/月〜金(祝日は除く)
メールでのお問合せ 香港不動産の賃貸と購入ページ