電話を取り次ぐのは誰ですか?

当社の電話取次ぎサービスには「共有電話回線サービス」と「専用電話回線サービス」の2種類があり、基本的には日本人スタッフが電話を受けますが、それぞれのサービスで違いがあります。

共有電話回線に電話がかかってきた場合

共有電話回線に電話がかかってくると、社内にいるスタッフの中から電話を受けることのできる者が電話に応対します。基本的には日本人スタッフが電話を受けますが、日本人スタッフが対応できない場合は、香港人スタッフが電話を受けることになるので、英語または中国語で対応することがあります。香港人スタッフが、電話の相手が日本人であり、英語や中国語ができないと分かった場合は、当社の日本人スタッフが通話を受け継ぎます。通話相手から伝言を受けた際は、伝言内容をメールでお知らせします。

また、共有電話回線の電話番号は1つであるため、電話の相手が誰であるかは社内では把握することができませんので、社名などで電話を受けて欲しいという場合は専用電話回線のお申込みを推奨いたします。

専用電話回線に電話がかかってきた場合

専用電話回線をお申し込みいただくと、お客様だけの電話番号が取得でき、電話が鳴ると社内の専任スタッフが日本語にて対応いたします。昼食などで一時的に席を外している場合は、香港人スタッフが英語で対応する場合があります。

また、日本語ではなく英語や中国語での対応をお求めの場合は、ご希望に合わせた言語での電話対応も可能です。通話相手から伝言を受けた際は、伝言内容をメールでお知らせします。

さらに専用電話回線の場合は、社名や個人名で電話が受けられますし、電話応対にこだわりがある場合は、電話対応マニュアルなどをご提示いただければマニュアルに従った電話対応も可能です。(あまりにも複雑な電話対応になる場合は別途費用となる場合があります。)

専用電話回線は共有電話回線に比べると費用面では高くなりますが、御社名や個人名で電話を取次ぐことや、銀行などの各機関に対して電話番号を登録することもできますので利便性の高いサービスといえます。

その他、専用電話回線と共有電話回線の違いなどについては以下のコンテンツで紹介していますのでご興味のある項目がございましたらご覧ください。

電話取り次ぎ対応サービスとは
共有電話回線と専用電話回線の違い
電話取り次ぎサービスは業務対応もできますか?

電話回線をご希望の方は当社のお問い合わせフォームよりご連絡ください。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

香港会社詳細とFAQ
香港会社設立 お申し込み・お問合せ