香港人雇用の必要性について

投資ビザや就労ビザの雇用先(スポンサー)は、事前に香港人を雇うことをお勧めします。

ただし香港政府が、ビザ取得条件として香港人雇用を義務付けているわけではありません。

ビザの取得条件の一つとして、香港経済に貢献することが条件となります。香港経済への貢献とは、売上を上げること、香港人雇用を増やすこと、事務所や店舗を構えることなどです。そのような経済貢献をすることにより、イミグレーションにも対しても、合理的にビザの必要性を説明することができます。

また、複数人の日本人スタッフを就労ビザで雇用する場合は、それに応じた香港人スタッフを多数雇用することをお勧めします。もし設立間もない会社のため香港人スタッフがいない場合は、事業計画とともに人員計画を提出します。そのような場合であっても、少なくとも1名の香港人を既に雇っていると審査での心象が良いと思います。

ご質問がございましたらお気軽に当社にお問合せください。
香港ビザ取得詳細とFAQ
香港ビザ取得(VISA) お申し込み・お問合せ
メールアドレス