物件更新時の賃料値上がりの現状

香港は、物件更新時の賃料の値上がり率が高いことで有名です。
特に「中環、銅鑼湾、尖沙咀」などの大きな街では、契約満期時(通常契約から3年後)に現状賃料の倍額以上を提示されることがあり、繁盛店においても足元を見て賃料を高く提示される場合があります。

商業施設では相場並の値上がりとなりますが、既存店舗を追い出したい場合は意図的に賃料を高く提示してくることがあります。

下記のサイトは香港政府の調査による家賃の相場(飲食店はオレンジ)となります。
グラフを見るとわかりますが、期間3~5年で家賃が50%以上値上がりすることも珍しくありません。
これは香港全体の平均であるため、中心地では更に値上がりしていることになります。

http://www.rvd.gov.hk/doc/en/statistics/graph1.pdf

ちなみに、契約更新時に賃料相場が下がっている場合は、移転も視野にいれつつ周囲の賃料を引き合いに値下げ交渉を行うことが重要です。

なお、香港は東京よりも家賃が高い反面、人件費は低く、売上は日本よりも高くなることが多いため、採算性が見込めることも多々あります。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。
飲食店・レストラン出店での良くある質問(FAQ)
飲食店・レストラン出店 お申し込み・お問合せ
メールアドレス