定性調査について

代表的な定性調査は、グループインタビュー(座談会)であり、属性が共通するグループを集め、質問や議論の繰り返しにより認識できなかった意見や本音を引出すことができます。

定量調査を「量(数字)のデータ」と捉えると、定性調査は「質(言葉)のデータ」と捉えることができます。

近年、消費者ニーズが多様化したことから、定性調査の重要性はさらに高まっていくでしょう。

定性調査の利点は、商品を実際に見たり触れたり体験したりできるため、新たな発見や深層心理を掴むことができます。また、外国人は自己主張が強いため日本よりも多くの意見もあつまることも利点です。

商習慣などが異なる香港での定性調査は、日本企業にとって大きな役割を果たします。

定性調査の欠点は、費用と時間がかかること、1セッションあたり8人程度で調査を実施するため、意見に偏りが生じる場合があります。事前に属性を調整することで、意見の偏りを回避することも可能です。

定性調査により、香港進出や商品開発をおこなう上で重要なデータを取得できる場合があります。

定性調査の代表的な種類

・座談会(グループインタビュー)

・個別インタビュー(デプスインタビュー)

上記以外の調査手法の取り入れも可能です。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。
市場調査・リサーチでの良くある質問(FAQ)
市場調査・リサーチ お申し込み・お問合せ
メールアドレス