資産運用や資産保全の方法

プライベートバンクは、資産を増やす「資産運用」のみならず、資産を守る「資産保全」を行うことで有名です。

資産運用の方法については、主に2つの方法で運用が行われています。

一つ目は、プライベートバンク所属の運用トレーダーによる一任勘定取引の運用です。顧客が運用中心の利回りを求める場合は、この手法で運用します。但し、必ずしも良い運用結果になるとは限らないため、運用リスクについてはプライベートバンカーへ事前に確認する必要があります。

二つ目は、様々な商品へ投資する方法です。一般的に出回っている商品はもちろんのこと、預入金額が大きい場合はテイラーメイドのストラクチャード商品を組成したりします。

資産管理については、主に2つの観点で対策が行われています。

一つ目は、資産を増やして守る方法です。前述のような運用手法により、インフレ、相場変動、ソブリンリスクなどに対応できるように、運用助言を行います。

二つ目は、課税や事業承継による資産減少を防ぐ方法です。贈与税・相続税対策、国際税務問題、お子様への資産承継など、弁護士や税理士などの専門家とともに、対策と提案を行います。

当社の元プライベートバンカーがお客様の希望に合わせてプライベートバンクをご案内致します。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。
プライベートバンクでの良くある質問(FAQ)
プライベートバンク お申し込み・お問合せ
メールアドレス