香港での広告・PR(広報)の重要性

優れたサービス(物)があっても、それが人に認知されなければビジネスは成立しません。
経営の三要素である「ヒト・モノ・カネ」の中で、人を集める一つの手段が広告・PR(広報)となります。

人が集まり、優れた商品(サービス)を提供し、売上が伸び、リピート顧客を獲得することでビジネスが成立すると考えれば、広告・PRの重要性がご理解いただけると思います。

香港の広告やPR媒体は日本と同様「マスコミ媒体・SP媒体・インターネット媒体」の3つとなりますが、各種媒体への出稿効果は日本とは異なります。

香港のマスコミ媒体

マスコミ媒体とは、主にテレビ、ラジオ、新聞、雑誌のことをいいます。
日本ではインターネットの普及により低迷下しつつあるマスコミ媒体ですが、香港では有力媒体の一つです。
テレビチャンネル数や雑誌や新聞の種類も日本に比べ少ないことから目的ごとに広告・プロモーション戦略が練りやすいのも特徴です。

SP媒体(セールスプロモーション媒体)

SP媒体は、直接的に購買に結び付けるためにおこなう広告・マーケティングを指します。
具体的には交通広告(電車・タクシー・バスなど)、チラシ、DM、看板、イベント・キャンペーンを活用します。

香港のインターネット媒体

香港で多く利用されるインターネット媒体は「Yahoo、Google、facebook、taobao」のようなメガ媒体であり、日本のような小~中規模サイトの利用者は多くありません。
ECサイトにおいても同様に、香港は徒歩圏内で買い物が完結できることが多いため利用者は少ないといえます。

そのため、インターネット媒体による広告プロモーション戦略はメガ媒体の活用が一般的です。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。
広告・PR詳細とFAQ
広告・プロモーション(PR) お申し込み・お問合せ
メールアドレス