情報非公開なのに身分証明書がどうして必要?

現地政府には、株主や役員の個人情報は登記されませんが、現地エージェントへの登録が必要となります。

そのため、株主と役員になる方の身分証明書と英文の住所証明書は必ず必要となります。

一般的に、身分証明書としてパスポート(香港居住者の方は香港ID)、英文の住所証明書として国際運転免許証が必要となります。運転免許証がない場合は、お問合せください。

現地エージェントに登録した法人情報は、現地の法律により情報開示できないように守られていますが、マネーロンダリング・麻薬・テロなど犯罪の捜査対象となった場合は、法に従い情報開示が行われます。

ご相談・ご質問はお気軽にお問合せください。
オフショア法人詳細とFAQ
オフショア法人設立 お申し込み・お問合せ
メールアドレス