労務問題(企業法務トラブル)

労務問題は、給与や残業代の未払い、業務内容の認識の違いなどにより多く起こります。

これらの労働問題を事前に回避するためには、雇用主と従業員との雇用契約書の締結が必要不可欠です。雇用者が香港の雇用条例に詳しくない場合は、作成した契約書のレビューを弁護士に依頼することが多くあります。

香港では日本以上に、従業員が労働基準局に駆け込むケースが多くみられます。

従業員が労働基準局に駆け込むと、労働基準局の職員が仲介役となり、問題に対する協議がおこなわれます。協議により和解となることが望ましいのですが、和解が成立しない場合は裁判に発展し、弁護士サポートが必要となるケースも多くあります。そのため、問題が起こらないように「正しい契約書の作成」と「雇用条件の熟知」が重要です。

最適な弁護士をお探しの方は、いつでも当社までお問い合わせください。
弁護士紹介の詳細とFAQ
弁護士紹介 お申し込み・お問合せ
メールアドレス