共有電話回線と専用電話回線の違い

共有電話回線と専用電話回線の違いを説明します。

共有電話回線とは

当社で契約をしている香港の固定電話回線の一つを各社で利用できるようにした着信専用(受信専用)の電話回線のことをいいます。複数の会社が同一の電話番号を名刺などに記載しているため、電話着信時は「Hello」と英語で応対することになります。

専用電話回線とは

お客様専用の電話回線を当社で契約し、着信専用(受信専用)の電話として当社に設置できるサービスです。

共有電話回線との大きな違いは、お客様専用の香港の固定電話番号が持てること、着信の際に社名を伝えて電話を受取れること、電話対応の希望言語(日本語、英語、中国語)を選択できることになります。日本人スタッフの外出時は英語対応となります。

さらに、有料オプションの活用により、お客様指定の電話への転送電話サービスや、業務対応なども場合によっては可能となります。

電話対応の詳細は「電話取り次ぎ対応サービスとは」ページ、共有電話回線サービス・専用電話回線の費用は「香港会社設立」ページのオプションサービスをご覧ください。

ご興味のある方は当社までお問い合わせください。
香港会社詳細とFAQ
香港会社設立 お申し込み・お問合せ
メールアドレス