書類不備や不明取引きの処理方法

書類不備や記録不備により、取引内容がわからない場合は記帳をおこなうことができません。

そのため、日々の入出金記録や小切手のコピーはできる限り残すようにして下さい。

書類不備がある場合は、関係各社にできる限り再発行を依頼します。記録不備がある場合は、その他の資料を元に総合的に判断する必要があります。それでも不明な取引が残った場合は、会計監査時に会計事務所へ相談することをお勧めします。

当社の記帳代行サービスでは、お手元の経理関係書類一式をすべてお預かりしますので、書類不備や記録不備がみられた場合は、その都度ご相談のうえ手続きを致します。

経理(記帳)における必要な書類については「経理(記帳)に必要な書類」ページをご覧ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
経理・会計監査での良くある質問(FAQ)
経理・会計監査 お申し込み・お問合せ
メールアドレス