ワクチン接種後に死亡、香港で2人目

更新日:2021年03月08日
LINEで送る
Pocket

映画館倒産

本日は3つの話題「55歳女性が中国シノバック社のワクチンを接種後に死亡したこと、ドイツのビオンテック社のワクチン第2弾が香港に到着したこと、大手映画館UAシネマズが突然の倒産を発表したこと」を注目のニュースとしてお伝えします。

■ワクチン接種後に死亡、香港で2人目
香港政府の衛生署が、3月2日(火)にシノバック社のワクチンを接種した55歳女性が3月6日(土)の朝に死亡したことを発表しました。香港政府は「死亡した女性は高血圧、高コレステロールであった」と発表しており、本日、専門家パネルが死亡とワクチン接種の関係について会議をおこなう予定となっています。

他にも3月1日(月)にワクチン接種をした80歳男性と、3月6日(土)にワクチン接種をした72歳女性がICU(集中治療室)に運ばれているほか、3月7日(日)にワクチン接種をした66歳女性と45歳女性が体調不良で病院に運ばれています。ワクチン接種後の死亡者は今回の55歳女性を含めて2人となっています。

現在、ワクチン接種の予約者数が減少していることについて、食物及衛生局のソフィア・チャン局長は「ワクチンの新規予約者数が少し減っている。市民が状況をもう少し知りたがっているのは理解できる。重度の慢性疾患がある人は、理解を深めるためワクチン予約の前に医師に相談するのがよい」と話しています。

患者団体の「香港病人政策連線」のアレックス・ラム会長はRTHKの番組City Forum(城市論壇)で「市民がワクチン接種について理解を深められるよう明確な情報が与えられるべきだ。ワクチン接種するかどうか最終的に判断するのは市民自身だ」と話しました。

現時点で、シノバックのワクチン接種者数は約92,000人となっています。

■ビオンテック社ワクチン到着、134万回分
3月7日(日)にドイツのビオンテック社のワクチン第2弾75万8,000回分が香港に到着しました。第1弾58万5,000回分は先月到着しているので、合計約134万回分が香港に到着しています。現時点で、ビオンテックのワクチン接種者数は約1,200人。

■大手映画館「UAシネマズ」が突然の倒産
香港の大手映画館「UAシネマズ」が突然の倒産を発表しました。新型コロナウイルス対策に伴う制限により2ヶ月以上閉鎖していたことが大きな原因となったようです。

UAシネマズは1985年設立の歴史ある映画館で、尖沙咀のiSQUAREやK11 MUSEA、銅鑼湾のタイムズスクエア、旺角のMOKOモールなど7か所の有名ショッピングモール内で映画館を展開していました。なお、香港内には約60の映画館があります。

< 香港の新型コロナウイルスの感染状況 >
香港の新型コロナウイルス新規感染者数は金曜11人、土曜8人、日曜16人、感染者合計は11,091人、退院者合計は10,629人、死者合計は202人となっています。