10月1日のデモ申請、香港警察が却下

更新日:2020年09月28日
LINEで送る
Pocket

デモ却下

10月1日から香港は中秋節と国慶節が重なり4連休となります。本日は、連休に関連するニュース「10月1日のデモ申請を警察が却下」、「月餅の売上が例年の半分に」、「中秋節は人気レストランが満席」を注目のニュースとしてお伝えします。

■10月1日のデモ申請が却下
民間人権陣線(200万人規模のデモを主催した団体)による10月1日(木)のデモ行進申請を香港警察が却下しました。新型コロナウイルス対策や公共安全を理由としています。民間人権陣線は、警察に却下されても異なる方法で抗議活動をおこなうと話しています。

香港警察は9月29日~10月4日まで、抗議活動に備えて人員配置し、10月1日には3,000人を配置すると表明しています。

■月餅の売上が例年の半分に
中秋節(10月1日)の贈り物である「月餅」の売上が、例年の半分以下となっているようです。飲食の管理協会「香港餐務管理協會」の会長によると、「以前は購入者の30~40%が中国本土からの旅行客のお土産だったが、今年は新型コロナウイルスによる入境制限で、中国本土からの購入は全体の3~4%となりそうだ。例年は全体で20億香港ドルの売上があった。」と話しています。

一方、元朗(ユンロン)のベーカリー店「大同老餅家」のオーナーは「今年は香港内の購入者が増えている。新型コロナの影響で長期にわたり外出できなかったため、お祭りムードを楽しめる食べ物が注目されている」と話しています。

なお、今年は中秋節のランタン祭りが中止となっていることもあり、ランタンの売上も半分になると予想されています。

■中秋節は人気レストランが満席
新型コロナウイルス対策の制限が緩和され、飲食業界は徐々に回復を見せています。中秋節に向けて人気のレストランが予約で満席となっているようです。(now.com新聞)

一方、政務司司長の張建宗(マシュー・チャン)は「一部レストランが人数制限や体温測定などを守っていない」と問題をブログで伝えており、香港政府の衛生防護センターも「ソーシャルディスタンスを保つように」と市民に呼び掛けています。

< 香港の新型コロナウイルスの感染状況 >
香港の新型コロナウイルス新規感染者数は昨日6人、感染者合計は5,066人、退院者合計は4,786人、死者合計は105人となっています。