アグネス・チョウ、国安法違反の容疑で逮捕

更新日:2020年08月11日
LINEで送る
Pocket

アグネスチョウ逮捕

本日は、日本でも広く知られている民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏が香港国家安全維持法(国安法)に違反した容疑で逮捕されたこと、香港政府の新型コロナウイルスの感染対策の制限が8月18日(火)まで延長したことを伝えます。

■アグネス・チョウ、国安法違反の容疑で逮捕
昨日の午後9時ごろ、十名以上の香港警察が周庭(アグネス・チョウ)氏の自宅を訪れ、国安法違反(外国勢力との結託)の容疑で逮捕しました。周庭氏は香港の著名な民主活動家で、今年6月末に解散した民主派政治団体「香港衆志」の創始者の一人。日本語が上手く、香港の民主化への支援を日本などに訴えていました。

■8月18日までマスク義務化などの制限延長
香港政府は、マスク義務化、3人以上の集まり禁止、午後6時~午前5時の店内飲食禁止などの制限を8月18日(火)まで延長すると発表しました。変更などがあれば随時お知らせします。

今回の発表は以下のとおりです。
・午後6時~午前5時の店内飲食禁止
・飲食店の収容人数は50%以下、1テーブルにつき2人まで
・飲食店内のテーブル間は1.5メートル以上離す
・飲食中以外はマスク着用
・飲食店内でのライブ演奏やダンスを禁止
・バー、ナイトクラブ、カラオケ、パーティールーム、ジム、エステ、マッサージ、浴場、サウナ、ゲームセンター、雀荘、テーマパーク、スポーツ施設、プールなどは引き続き営業停止
・公共場所でのマスク着用を義務化(職場含む)
・公共場所での集まりを2人までに制限
・自宅からの外出はできる限りしないこと