新型コロナ新規感染者、再び過去最多

更新日:2020年07月24日
LINEで送る
Pocket

新型コロナ、再び過去最多

昨日も新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多となり118人、感染者合計は2,250人、退院者合計は1,379人、63歳男性が死亡し死者数の合計は15人となりました。香港政府は公務員の在宅勤務を8月2日(日)まで延長することを発表し、企業にも在宅勤務を呼びかけました。

本日は以下に「屋外でもマスク義務化となる可能性があること」、「中国がBNOパスポートの無効化を検討していること」の2つの注目ニュースをお伝えします。

■屋外でもマスク義務化の可能性
現在、香港の屋内公共施設内ではマスク着用が義務化されており、違反者には罰金が科されますが、屋外やオフィス内においては対象外となっています。

食物及衛生局の陳肇始(ソフィア・チャン)局長は、「今後状況が改善しない場合、政府がマスク着用を屋外でも義務化する可能性がある。また、飲食店内が混雑したり、飲食店でさらなるクラスターが発生した場合は、規制のさらなる強化を検討する」と話しました。

香港大学の微生物学者の何栢良は、「企業の経営者は、マスク着用をしない従業員には重い罰則を与えてもよい。マスクを着用しない従業員を即日解雇すると発表した企業もある。もし職場でクラスター(集団感染)が発生したら2~3週間は閉鎖しなければならない」と話しています。

■中国、BNOパスポート無効化を検討
イギリス政府が1997年以前に生まれたBNOパスポートの申請資格を有する香港人(配偶者や子供含む)の移住申請を、2021年1月21日から受付開始とすると発表したことに対抗して、中国政府の外交部の汪文斌報道官は昨日の記者会見で「香港人のBNOパスポート無効化を検討する。イギリスは国際法に違反している。イギリスが先に約束を破った」と発言しました。

親中派の議員レジーナ・イップは「BNOパスポートが無効化となれば、香港政府イミグレーションは航空会社に対してBNOパスポート保有者へのチケット販売を停止するよう指示をするかもしれない」と話しました。一方、移民コンサルタント会社AnlexのAndrew Lo代表は「イギリス政府や他国の政府がBNOパスポートを有効と認める限りは、中国の発言内容は現実的ではない」と話しました。