7月15日の香港内の注目ニュース

更新日:2020年07月16日
LINEで送る
Pocket

コロナウイルス

香港内の新型コロナ感染者は、昨日から19人増え合計1,589人、退院者は1,241人となっています。昨日は老人ホームで感染した90歳女性と89歳男性が死亡し、死者合計は10人となりました。

本日は「新型コロナウイルスが空気感染をする距離」、「昂坪360、7月21日まで運休」、「ニューヨーク・タイムズ、一部部門をソウルに移転」のニュースを以下に伝えます。

■新型コロナウイルスが空気感染をする距離
香港大学の新型コロナウイルスの最新研究結果で、「換気の悪い室内では最大9.5メートル先まで空気感染をする可能性がある」と発表されました。香港大学のLi Yuguo教授は、「換気の悪い室内」を、1人につき1秒3リットルの空気しかない場所と説明し、目安は離れていても他人の息の臭いが分かることだと話しています。

研究発表では、中国の湖南省のバス車内で9.5メートル離れて座っていた乗客に感染した事例、広州のレストランで4.6メートル離れて座っていた客に感染した事例が取り上げられました。

■昂坪360(ロープウェイ)、7月21日まで運休
香港の人気観光スポットの一つであるロープウェイ「昂坪(ゴンピン)360」が7月21日(火)まで一時運休を発表しました。

■ニューヨーク・タイムズ、一部部門をソウルに移転
米新聞大手ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、香港に拠点を置くデジタルニュース部門(香港職員の約3分の1)を韓国ソウルに移転すると発表しました。NYT幹部は社員向けに「香港国家安全法により、当社の運営やジャーナリズムがどのような影響を受けるのか、多くの不確実要素が生まれた。編集者を多地域に分散することが賢明だと感じている」と説明しました。