中国が香港への「国家安全法」の導入を審議

更新日:2020年05月22日
LINEで送る
Pocket

全国人民代表大会

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が、香港への「国家安全法」の導入に向けて本日審議をしています。もし国家安全法が導入されると、一国二制度で保証された高度な自治や言論、報道、集会の自由などが制限される可能性があり、香港に大きな影響があると世界中で報じられています。

民主派の郭栄鏗(デニス・クオック)議員は「国家安全法が実際に導入されれば、一国二制度は正式に抹消される。香港の終わりだ」と話しており、同じく民主派の陳淑莊(タンヤ・チャン)議員も「一国一制度になったのと同じだ。香港の歴史上で最も悲しい日だ」と話しています。

中国共産党傘下のチャイナデイリー新聞は社説にて「海外に扇動された止められない暴力と分離主義を考慮すると、全人代が国家安全を保障する義務を果たすことは絶対に必要だ」と伝えました。

香港の元総督(イギリス植民地時代の最後のトップ)であるパッテン氏は「中国が香港に国家安全法を導入するのは法外だ。英国が中国に対して伝えるべきだ」と話しています。また、米トランプ大統領も「法案の内容はまだ誰にも分かっていないが、もし国家安全法が導入されれば米国は極めて強硬に対応する。」と話しました。

<香港の新型コロナウイルスの状況>
現在の新型コロナウイルスの感染者合計は昨日から8人増え1,064人、退院者は1,029人。昨日新たに感染が確認された8人は全てパキスタンからの帰国者です。