立法会で衝突、民主派議員不在で委員長選出

更新日:2020年05月19日
LINEで送る
Pocket

立法会衝突

昨日の立法会(香港の議会)で、中国国歌の侮辱を禁止する「国歌法」などを審議する内務委員会の委員長選出をめぐり民主派議員と親中派議員の衝突が発生しました。民主派議員14人は、親中派を守るセキュリティによって会場から追い出され、委員長選出の投票が強行。その結果、親中派の李慧琼(スターリー・リー)が委員長に選出されました。

民主派議員は、「スターリー・リーは合法的に選出されていない。委員長とはみなさない」、「北京、キャリーラム(行政長官)、親中派は、規則を破ってでも思い通りにするというのが香港の現状だ」などと声を上げており、今後も反発が続くとみられています。

<香港の新型コロナウイルスの状況>
現時点での香港の新型コロナウイルスの感染者合計は1,055人、退院者は1,024人。昨日は新たな感染確認はゼロでした。