大規模デモの主催団体が7月1日にデモ申請

更新日:2020年04月20日
LINEで送る
Pocket

大規模デモ

本日は、200万人規模のデモ主催団体である民間人権陣線が7月1日(水)にデモ申請をおこなったこと、土曜日に民主派の著名人や議員など15人が逮捕されたことに注目が集まっています。

また、香港内の新型コロナウイルスの感染者は、金曜日の当社ニュースから現在までに9人増え計1,026人、退院者数は602人。香港は5人以上の集まりを4月23日(木)まで禁止していますが、許樹昌氏(中文大学の感染症専門家、政府アドバイザー)はテレビ番組で「禁止期間は延長すべき。28日連続で香港内での感染が無ければ制御下にあると考え、公務員の職場勤務や学校の再開が可能だ」と話しました。

■大規模デモの民主派団体が7月1日にデモ申請
香港で大規模デモを主催する民主派団体「民間人権陣線」が7月1日(水)にデモ申請をおこない注目が集まっています。新型コロナウイルスが話題となっている中でも、香港内では民主を求める市民の活動が続いており、デモの節目となる日(元朗駅での襲撃事件、旺角駅での暴行など)には市民が集まり抗議活動をおこなっています。

香港警察は4月18日(土)、違法デモへの関連容疑で蘋果日報(アップル・デイリー)の創設者の黎智英(72歳)、民主主義の父である李柱銘(81歳)といった民主派の著名人や議員など15人を逮捕しており、香港メディアで大きく取り上げられています。

また、アメリカのポンペオ国務長官は今回の民主活動家の逮捕について「表現の自由や集会の自由という普遍的な価値に反している」と強い懸念を示しました。