WHOアドバイザー、感染者が数十億人に達する試算

更新日:2020年02月14日
LINEで送る
Pocket

小売り倒産

新型コロナウイルス感染者は中国全体では少なくとも64,627人となり、死者は1,483人となりました。香港では感染者が3人増え53人となっています。

■WHOアドバイザー、感染者が数十億人に達する試算
米国のBloomberg紙が、WHO(世界保健機関)のアドバイザーを務める感染症学者のIra Longini(アイラ・ロンジーニ)氏が「新型コロナウイルスの感染者数は数十億人に達する可能性がある」と試算したことを伝えました。

その他にも、イギリス公立研究大学のインペリアル・カレッジ・ロンドンのNeil Ferguson(ニール・ファーガソン)教授が「中国で毎日5万人が感染している可能性がある」と見積もったこと、香港大学の梁卓偉(ガブリエル・レオン)教授が「もし新型コロナウイルスの問題を放置すれば、世界人口の60%に感染する可能性がある」と述べたことを伝えました。

■小売管理協会、小売業7,000件が倒産する可能性
香港の小売管理協会の謝邱安儀主席が、デモと新型肺炎の影響により、今年度上半期の小売業の平均売上が30~50%減少し、7,000件程度が倒産する可能性を伝えました。特に、旅行客に依存する小売業の売上については80~90%減少すると予測しています。

大手不動産ディベロッパーの中には、デモや新型肺炎の影響を受けている店舗などを救済しようとする動きもあり、ヘンダーソンランド(恒基兆業地産)は「自社管理の物件で、これらの影響を受けている小売・飲食・教育関係のテナントに対して、2月の家賃を20%~60%まで減額する」と発表しています。