学校の休校が延長!?その他、新型肺炎の関連情報

更新日:2020年02月05日
LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルス

中国の保健当局が本日、新型コロナウイルスの感染者を24,324人(前日より3,887人増加)、死者490人(65人増加)と発表しました。香港では新たに3人の感染が確認され感染者は18人となっています。

■学校の休校が延長となる可能性
香港の幼稚園・小学校・中学校・高校は3月2日まで休校となっていますが、香港中学校長会の代表テディ氏は、「マスク不足や中国からの通学生徒が25,000人いることなどを考慮すると、3月初めに学校を再開するのは困難だろう」とコメントしました。また、メディア取材に対して、一部の学校の校長が「オンライン学習の開始、夏休みの短縮などの案がある」と話しているようです。

■マカオ、カジノを15日間閉鎖
マカオで、本日から15日間のカジノ施設閉鎖を発表しました。マカオには41のギャンブル・エンターテインメント施設があり、2週間の閉鎖となれば収入が大きく減少すると懸念されています。

■航空会社のフライト削減情報
香港のキャセイパシフィック航空のCEOが、短期的に中国行きフライトを90%削減、世界全体のフライトを30%削減する計画を発表しました。アメリカのユナイテッド航空では全ての香港便を20日まで停止、アメリカン航空はロサンゼルスとダラス発着の香港便を20日まで停止することを発表しています。

■フィリピン人ヘルパーの契約について
新型肺炎の影響でフィリピン政府が、フィリピン人の中国(香港を含む)への渡航を禁止したため、これから雇用されるフィリピン人ホームヘルパーが香港に入境できなくなっています。そのため香港の労働局は、2020年3月31日までに満期となるフィリピン人ヘルパーの契約を、最長2020年5月31日まで延長することに承認をしました。延長期間が1ヶ月以内の場合は、3月31日までに契約書を変更しイミグレーションへ申請をおこないます。延長期間が1ヶ月以上となる場合は、労働局長より事前に承認を得る必要があります。

■感染者の情報サイト(居住場所や宿泊先など)
香港衛生防護中心が、新型肺炎の感染者数や、直近14日以内に居住(宿泊含む)をしていた場所がマップ上でわかるWEBサイトをリリースしました。マップ上の赤いマークをクリックすると建物名や滞在期間などが確認できます。 https://chp-dashboard.geodata.gov.hk/nia/en.html

また、香港には市民が作った「武漢肺炎民間情報」というWEBサイトもあります。「感染者の居住場所(宿泊場所)や海外渡航歴」「新型肺炎に関連する政府、航空会社、学校の現在状況」「薬局情報(主にマスクの値段)」などが確認できます。
https://wars.vote4.hk/en/