香港での武漢肺炎の現状と対応

更新日:2020年01月31日
LINEで送る
Pocket

香港内で感染

中国政府は本日0時に新型コロナウィルスの感染者9,692人、死者213人、感染疑い15,238人と発表しました。香港では感染者12人、検査入院190人と発表されています。

昨日、香港内では「人から人へ」の感染が初めて確認されました。新型コロナウィルスに感染していた武漢在住の70代夫婦が、香港の油麻地(ヤウマテイ)に住む娘(37歳)に会いに来たところ、接触した娘が感染し、現在クイーン・エリザベス病院に入院しています。

また、香港と中国大陸をつなぐ14か所の出入境検査場(イミグレーション)のうち、6か所が閉鎖となりました。香港市民からは「すべての境界を塞ぐべき」との声も上がっていますが、香港は食料品の多くを中国に頼っているため、境界を塞ぐことで香港内での極度な食料品不足が懸念されます。

マカオでは、幼稚園から大学までを無期限の休校とし、再開期日は1週間前に伝えると発表しています。香港では教育局が「教育関係者と連絡を取り合い、状況を把握して適宜公表していく」と発表しています。