香港警察が1月1日のデモを許可

更新日:2019年12月30日
LINEで送る
Pocket

元旦デモ

2020年1月1日(水)のデモ申請に対して、香港警察が正式に許可を下しました。デモ主催者は100万人規模のデモを主催してきた民間人權陣線であり、14時に銅鑼湾(コーズウェイベイ)のビクトリア公園に集合し、香港政府に五大要求を訴えながら中環(セントラル)の遮打道(チャーターロード)まで行進する計画となっています。

民間人權陣線は「参加者は少なくとも3万2千人」と書類を提出したようですが、実際には数十万人の大規模デモとなる可能性があります。民間人權陣線が主催した最近のデモ(12月8日)は、主催者発表で約80万人(警察発表は18万3千人)が参加しており、今回は40の労働組合が新たに参加を表明しているようです。

香港警察の許可レターには、「混乱や暴力が集合場所や行進ルートで発生する可能性が出た場合は、デモを止める可能性がある」と述べられています。外出予定のある方は周辺の状況に注意しながら行動をしてください。

民間人權陣線は以下フェイスブックページでデモ計画を発表しています。
https://www.facebook.com/CivilHumanRightsFront/