12月8日(日)、大規模デモとなる可能性

更新日:2019年12月06日
LINEで送る
Pocket

民間人権陣線

12月8日(日)、銅鑼湾(コーズウェイベイ)から中環(セントラル)かけて大規模デモ行進がおこなわれる予定です。主催者は6月に200万人規模のデモ行進をおこなった民主派団体「民間人権陣線」であり、香港警察からの許可も下りています。香港警察は情勢悪化を理由として、約4ヵ月、民間人権陣線によるデモ申請(集会申請は除く)を不許可としていましたが、今回は条件付きで許可としました。条件の一部を以下に紹介します。

・進行ルートは警察の指示に従うこと。
・夜10時までにはデモ行進を終了すること。
・国旗の冒涜行為がないこと。
・予定参加者数32,000人から大きく変わる場合は報告すること。

民間人権陣線のリーダー岑子傑(ジミー・シャム)氏は「警察が参加者を怒らせるようなことがない限り、集会と行進が平和的におこなわれる自信がある」とコメントをしています。また、香港警察は予定参加者数32,000人のデモ申請を許可しましたが、民間人権陣線が主催するデモには毎回多くの参加者が集まりますので、デモの状況にはご注意ください。

なお、デモ情報ではありませんが、香港の今朝気温は11度、香港天文台は水曜日から「寒冷天気警告」を発令し続けています。その他、昨日12時22分には、長洲島付近でマグニチュード1.4の地震が発生しました。40年間で8回目となる珍しい地震であるため、インターネット上では「政府に対する神への怒りだ」などの噂が飛び交っています。