早朝から警察とデモ隊の激しい衝突

更新日:2019年11月11日
LINEで送る
Pocket

警察発砲

本日は早朝から香港各地でデモが発生しています。警察はデモ隊に向けて少なくとも実弾3発を発砲しており1名が重体となっています。デモ隊は、主要道路や地下鉄などで交通妨害や破壊行為をおこなっており交通の混乱が発生しています。

実弾3発の発砲は7時20分頃、香港島の西湾河(サイワンホー)で発生しました。発砲の瞬間を多くのメディアや市民がSNS上でアップロードしており、香港メディアのアップルデイリーは「10代の2名が撃たれ、負傷し、拘束された」と伝えましたが、警察による正式な発表はおこなわれていません。CNNは「21歳が撃たれた」と報道しています。また、メディアSCMPは「撃たれた1名は柴湾(チャイワン)の病院に搬送され重体」であると医療関係者の情報を元に伝えています(9時24分時点)。

地下鉄MTRでは、デモ隊による線路への障害物の投入、設備の破壊、車両内での放火などで運行上の深刻な影響が出ています。

本日は深刻な交通混乱が発生しているため、多くの大学が授業中止としています。大学職員にも「安全な場所にとどまり、安全が確認できなければ出勤しなくてよい」などの指示が出されています。香港科技大学では植物やゴミへの放火、ガラスが割られるなどの被害が発生しています。

デモが激化しているのは、11月4日(月)にデモに参加していた香港科技大学の学生アレックス・チョウ氏(22歳)が立体駐車場の建物から転落し意識不明となり、8日(金)に死亡が確認されたことが理由であるとみられています。転落時の詳しい状況は調査中となっていますが、警察の催涙弾を避けようとして転落したと推測されています。

本日は一日中デモがおこなわれる見込みですので、外出の際は最新情報に十分ご注意ください。