覆面禁止法が明日にも施行の可能性

更新日:2019年10月04日
LINEで送る
Pocket

覆面禁止法

10月1日国慶節の大規模衝突を受け、デモ参加者が覆面を着用するのを禁止する「覆面禁止法」が「緊急法」に基づき明日にも施行される可能性があります。キャリー・ラム行政長官は本日、緊急行政会議を開き法案成立すれば明日より施行とする予定です。その他デモ関連ニュースとしては、デモや警察の動きが分かる地図アプリ「HKmap Live Map」をアップルが承認しないこと、10月の大イベント「香港ワイン&ダイン・フェスティバル」と「香港サイクロソン(自転車レース)」がどちらも中止となったことが話題です。

・覆面禁止法が明日にも実施の可能性

デモ参加者が覆面を着用するのを禁止する「覆面禁止法」が明日にも施行される可能性があると各香港メディアが伝えています。通常は法案の成立には議会を通過する必要がありますが、キャリー・ラム行政長官は本日、緊急行政会議を開き「緊急情況規例條例(緊急法)」に基づき「覆面禁止法」を成立させ明日より施行とする予定です。

覆面禁止法に違反した場合の罰則は現時点では不明ですが、香港メディアSCMPが入手した情報によると「最大1年の禁錮刑または25,000香港ドルの罰金となるのではないか」と言われているようです。なお、覆面の定義や例外規定などの詳細は未定となっています。

・デモ状況がわかる「HKmap Live Map」アップルの承認下りず

地図上でデモ衝突エリアの最新情報が得られるアプリ「HKmap Live Map」について、香港メディアhketによると、アップルストアでは承認が下りなかったことがわかりました。Android向けにはGoogle Playで9月18日より提供しています。

このアプリはデモ隊、警察、救護隊、消防隊やメディアがどこにいるのかリアルタイムで確認でき、警察が上げる警告の旗の色、放水車、警察部隊の種類やその動きまで分かるようになっています。アップルのアプリ審査官は開発者に対して「このアプリは法律に違反する行為の手助け及び奨励をしている。利用者は警察の取り締まりから逃げることができる」とメールで連絡しているとのことですが、アップルはまだ正式な結論は出していないようです。 「HKmap Live Map」は以下のリンクよりブラウザで閲覧可能です。
https://hkmap.live/

・10月の人気イベント2つ中止

毎年開催され今年も10月に開催予定だった大人気イベント「香港ワイン&ダイン・フェスティバル」と「香港サイクロソン(自転車レース)」をどちらも中止することを香港政府観光局が発表しました。観光局局長は「今後の状況が予測できないため、大規模なイベントを円滑に運営できるか確実でない。イベント前にデモが発生すると、道路準備や会場準備に影響があり得る。また、大人数が参加するイベントの付近で何らかの衝突が発生した場合、イベント参加者が安全かつ素早く会場を離れるのは難しそうである。苦渋の決断だった」と話しています。