キャリーラム行政長官「可能なら辞任」と発言

更新日:2019年09月03日
LINEで送る
Pocket

キャリーラム

香港政府トップのキャリー・ラム行政長官が、先週おこなわれた実業家グループとの非公開会合で「(香港の問題について)もし選択肢があるなら、最初にすることは、辞任して深く謝罪することだ」と発言。通信社ロイターが録音データを確認して報道しました。

加えて、会合内でキャリー・ラム行政長官は、香港の混乱が「米国との緊張が高まる中国の国家安全保障と主権という国家レベルの問題」となっており、「自身の選択肢はほとんどない」と説明し、「憲法で中央政府と香港市民という2つの主人に仕えなくてはならない。行政長官としての政治的な余地は非常に限られている」とも話しました。

また、キャリー・ラム行政長官は「中国政府は10月1日の国慶節イベント(中国建国70周年記念日)までに、香港の問題を解決させるという期限は定めていない。人民解放軍が香港の街中に出動する計画は全くない」とも話しています。

キャリー・ラム行政長官に仕える報道官はロイターからの取材に対し「非公式の会合であり我々は行政長官の発言についてコメントする立場にはない」と回答しました。

https://www.reuters.com/article/us-hongkong-protests-carrielam-specialre/special-report-hong-kong-leader-says-she-would-quit-if-she-could-fears-her-ability-to-resolve-crisis-now-very-limited-idUSKCN1VN1DU