デモ隊に警察が威嚇発砲。ほか本日の注目ニュース

更新日:2019年08月26日
LINEで送る
Pocket

警官が発砲

昨日、新界エリアの荃湾(チュンワン)で発生した大規模デモで市民と警察が衝突。初めて警察による拳銃の威嚇発砲とウォーターキャノン車の出動がありました。今回のデモでは36名が逮捕され最年少は12歳。22名が病院に搬送され1名が重体となっています。その他のデモ関連注目ニュースにはホテルの大幅値下げやレストランの売上減少などのニュースがあり、それぞれご案内します。

1.拳銃発砲とウォーターキャノン車

20時頃の荃湾(チュンワン)での警察の威嚇発砲はデモ隊と警察の衝突後に発生し、警察はデモ隊の攻撃に生命の危険があると判断して発砲したと説明。ウォーターキャノン車については、到着直後にデモ隊が撤退したため殆ど使用されませんでした。威嚇発砲もウォーターキャノン車の出動も、約3ヶ月続く一連のデモで初めてのこと。香港メディア「有線電視」は昨日の様子をYouTubeページで公開しています。

2.ホテルが大幅値下げ

デモの影響で香港のホテル宿泊費が大幅に値下がりしています。一部ホテルでは、一泊2,000~3,000香港ドル(約27,000~40,500円)の5つ星ラグジュアリーホテルが1,000香港ドル(約13,500円)、4つ星ホテルが500香港ドル(約6,750円)、3つ星ホテルが200香港ドル(約2,700円)で宿泊費を提供しています。ホテルの予約サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?

3.レストランの売上減少

デモの影響によりレストラン業界が大きな打撃を受けており、8月は昨年と比べて20~30%の売り上げ減少が予想されています。飲食業の組合「飲食業職工總會」のKwok会長は、「社会情勢に影響を受けて15軒の中華レストランが閉店し、従業員約700名が解雇手当無しで解雇されている。あるレストランでは売上が月600万香港ドルから300万香港ドルにまで減少した。香港には18,000軒のレストランがあるが、売上目標達成には観光客からの収入も大切」など厳しい状況を伝えています。