今週の抗議予定とデモ関連ニュース

更新日:2019年08月20日
LINEで送る
Pocket

抗議活動予定 ——————————————
デモ関連の掲示板「LIHKG」では、8月24日(土)の空港での抗議活動の中止を呼びかける内容があります。デモ予定は随時変わることがあり得ます。決行・不決行は直前になるまで判明しないことも多いため、毎日情報収集をおこなうことをおすすめします。

——————————————

8月24日(土)、12時から空港までの交通機関を麻痺させる抗議活動の計画がネットフォーラム「LIHKG 討論區」で発表。8月23日(金)にも約10万8,000人が歩道で手を繋ぎ32.6キロメートルにわたる「人間の鎖」を作る抗議活動が予定されています。移動が必要な方はお早めの行動をおすすめします。

また、本日未明には将軍澳レノンウォールで男女3名が青服を着た中国大陸訛りの男に刃物で切りつけられる事件が発生しています。他にも「米国ツイッター社が、香港デモ情報を操作した中国政府支援の偽アカウント936件を停止」、「警察が武力を使わなかったことをアピール」などのニュースが話題となっています。抗議活動が行われている地域一帯には近づかないなど、自らの安全確保に努めて下さい。

【空港までの交通機関を麻痺させる計画】

8月24日(土)の12時からの空港までの交通機関を麻痺させる計画は、抗議参加者がバス、エアポートエクスプレス、タクシー、MTR東涌線を一斉に利用するという内容で、車を持っている抗議参加者は主要道路から空港へ向かうように呼び掛けられています。

【人間の鎖を作る計画】

8月23日(金)の「人間の鎖」を作る抗議活動は、ちょうど30年前の1989年8月23日にソビエト連邦からの独立運動としてバルト三国でおこなわれた「バルトの道」からアイデアを得ています。「バルトの道」では、ソビエト連邦の統治下にあったバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)で約200万人が約600キロメートルにわたり手を繋ぎ三国を結ぶことで国際社会に訴えました。香港では地下鉄MTRの港島線、荃湾線、観塘線の3路線沿いの歩道で約10万8,000人が32.6キロメートルにわたり手を繋ぎ抗議活動をおこなう予定です。

【将軍澳で大陸訛りの男に刃物で切りつけられる】

本日未明(深夜1時)、デモを支持する紙などが壁に張られているスポット「将軍澳のレノンウォール」で、男性1名と女性2名が青服の男に刃物で切りつけられる事件が発生。女性1名が重傷、残る2名も首などを負傷し病院に搬送されました。男女3名はレノンウォールを整理していた際に襲われており、警察の調べによると、青服の男は中国大陸の訛りの広東語を話し、身長約170センチ、約40~50歳、赤い服に着替えて逃走したことが分かっています。なお、政治的な意味では、青いシャツや赤いシャツは親中派を表すと言われています。

【ツイッター】

米ツイッター社は昨日、香港デモ情報を操作した中国政府支援の偽アカウント936件を停止。ツイッター社はこれらの不正アカウントが「政府支援の組織的な工作であると裏付ける証拠がある。政治的対立を意図的に煽る内容だった」と述べており、今後は中国国有メディアからの広告は受け付けないとも発表。またフェイスブック社も投稿された内容などを調査し、計15件のアカウントやページを削除したことを発表。不正な投稿の例として、デモ参加者を「香港のゴキブリ」と呼んでいたり、「女性の目を怪我させたのはデモ参加者だ」と主張する内容などを挙げました。

【警察が武力を使わなかったことをアピール】

8月18日(日)、主催者発表170万人が参加したデモにおいて、香港警察のPR部門ジョン警視正は「ほとんどのデモ参加者が平和的で理性的な方法で抗議活動をおこなった。過激行為や警察との衝突が無ければ警察が武力行使することはない」と説明して武力を使わなかったことをアピールしました。一方、ジョン警視正は「17日(土)には、旺角(モンコック)で歩道橋から警察車両の上にゴミ箱を落とすという過激行為があったためビーンバッグ弾1発を発射した。重いゴミ箱が歩道橋の下にいる人に当たる可能性があり、正しく合法的に判断した」と話しました。