本日1時から大規模集会。航空会社は170便以上を欠航

更新日:2019年08月05日
LINEで送る
Pocket

170便欠航

本日、大規模ストライキと集会が計画されており、香港国際空港では午前7時の時点で170便以上のフライト欠航を発表しています。バスや地下鉄などの交通機関の妨害も発生しており、空港と市内を結ぶ「エアポートエクスプレス」も現時点で運休しています。

本日は若者だけではなく金融や教育などの幅広い業界にストライキを呼び掛けられており50万人以上が仕事を休む意志を表明。そして午後1時より7地域(沙田、荃湾、屯門、黃大仙、大埔、旺角、金鐘の公園等)で集会が実施され多くの市民が参加するとみられています。

空港関連の情報では、現時点でキャセイパシフィック航空が140便以上の欠航を発表、香港航空が30便の欠航を発表しています。航空管制官の3分の1がシックリーブ(病欠)届を提出しており、香港国際空港は2つの滑走路を1つに絞る可能性があり、多くのフライトに影響が出そうです。バス会社CitybusやKMBの運転手の多くもシックリーブを取得していることから、移動をおこなう際は余裕を持った行動をおすすめします。

医療業界の香港公共医療医生協会は、「怪我人が出るかもしれないので、医師はストライキに参加しないでほしい。仕事をしながら黒いマスクやリボンを着用して参加者を支持する姿勢は示してもよい」と話しました。IT系の公営企業である香港科技園公司(HKSTP)は自宅からのリモートワークを従業員に許可しました。

また、8月3日(土)に発生したデモでは、無許可デモで少なくとも20名が逮捕されており、香港人だけでなくフィリピン人のディズニーランドダンサー(36歳)、韓国人のレストラン従業員(26歳)なども逮捕されたようです。フィリピン総領事は「逮捕されたフィリピン人男性は、黒い服を着て食べ物を買いに行っただけで、デモには参加していなかった。黒い服や白い服は着ない方がよい」と話したようです。(香港メディアSCMPより)