黒い服が理由、中国で6時間拘束。デモ関連ニュース5選。

更新日:2019年08月02日
LINEで送る
Pocket

黒服で拘束

本日もデモ関連ニュースが多く報道されています。中国で香港人6時間拘束、中国軍の暴動鎮圧演習の動画、民主派議員がマフィアから殺害予告、小売業の売上減少、中国からの香港ツアーキャンセルと注目のニュースを5つご案内します。

・黒い服の着用が理由。中国イミグレで6時間拘束

黒い服の着用が理由で、中国工場にむかう香港人男性が中国イミグレーションで拘束。イミグレでは携帯電話などが調べられデモへの参加写真が発見される。その後、中国公安局に移され、写真撮影、DNA採取、始末書(悔過書)を書かされ6時間拘束されたと、本人がfacebookで投稿しています。

・中国軍が暴動鎮圧演習の動画を公開

香港に駐在している中国人民解放軍がPR動画を公開。動画内では香港の抗議活動を鎮圧するかのような暴動鎮圧演習の様子、香港で使われる広東語で「後果自負(悪い結果は自己責任だ)」と叫ぶ人民解放軍のシーンなどがあることから、香港の独立派への警告を発信していると騒がれています。
動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=9YPp1BqMHBo

・民主派のEddie Chu氏がマフィアから殺害予告

元朗駅で発生した無差別襲撃事件の白服集団との関係が疑われている親中派議員のJunius Ho(何君堯)とライバル関係(同じ新界西地区の議員)である民主派議員のEddie Chu(朱凱廸)が、香港マフィア「三合会」からの殺害計画があることを知り警察に通報をおこないました。

無差別襲撃事件の発生後、Junius Hoは何者かに両親の墓が何荒らされfacebook上で容疑者はEddie Chuと支持者だと非難した上で「生きるか死ぬか選べ」とコメント。Eddie Chuは墓荒らしとは無関係だと否定しました。

・6月の小売業の売上、例年よりも6.7%減

デモの影響、購買意欲の低下、旅行者の大幅減少などが影響し、6月の小売業の売上が例年よりも6.7%減少する見通しを香港政府が発表。今後はさらに小売業の売り上げが減少すると予想されています。

・中国人の香港ツアーのキャンセルや中止が目立つ

香港のデモや暴力事件を警戒し、中国人や中国旅行会社からの香港ツアーのキャンセルや中止が目立っています。中国内の微博(中国版ツイッター)では香港が安全なのかを問う投稿も増えているようです。