7月7日(日)九龍エリアで「逃亡犯条例反対デモ」が計画

更新日:2019年07月05日
LINEで送る
Pocket

九龍エリアで「逃亡犯条例反対デモ」が計画

7月7日(日)午後3時、九龍エリアで「逃亡犯条例反対デモ」が計画されています。出発点は尖沙咀(チムサーチョイ)の梳士巴利花園(Salisbury Garden)、目的地は西九龍駅となっています。中国と香港を行き来する広深港高速鉄道の香港側の終着駅である西九龍駅は中国人旅行客が多い場所であり、デモにより「中国人に逃亡犯条例反対を知ってもらう」という狙いがあるようです。香港警察は既にデモの申請を受け取っています。

九龍区大遊行(九龍エリアデモ)と名付けられたデモ計画はインターネット上に昨日アップされました。4時間で3,000以上の反応があり、閲覧者から「中国人に向けてチラシを配ってはどうか?中国行きの列車の出発点の一つであるホンハム駅や中国人旅行客の多い土瓜湾まで広げたほうが良いと思う」などの意見などが飛び交っています。旅行客の多いエリアで予定されているため各旅行団体からの心配の声も多く届いています。

https://lihkg.com/thread/1280909/page/1

旅行関連団体の香港旅遊聯業工會聯會は「デモの実施により、旅行客、店舗や交通に影響が出るだろう」と心配を伝え、香港旅遊業促進会幹部の崔定邦は「香港では平和的なデモをおこなう権利はある。目的地を香港政府ビルとするなら分かるが、デモ対象を旅行客にしても実質的な効果は得られないだろう。」とコメントをしています。

香港では逃亡犯条例改正案への反対活動が続いています。立法会ビル近くのアドミラルティセンタービルでは、7月3日の朝10時から5名が絶食をおこなっており、改正案反対を香港政府に訴えています。また「香港ママ」という団体では本日夜7時、セントラル遮打花園(Chater Garden)に集合し香港政府に傲慢な態度をやめ、香港人や若者の要求を受け入れるように訴えるデモを計画しています。