10月23日「港珠澳大橋」の開通式典が開催予定

更新日:2018年10月18日
LINEで送る
Pocket

香港マカオ珠海大橋

香港、マカオ、珠海を結ぶ「港珠澳大橋」の開通式典が10月23日(火)、珠海で予定されていることが香港政府関係筋から発表されました。参加予定である習近平国家主席のセキュリティ上の問題から詳細は直前発表となるようです。また、香港メディアは一般開放となるのは10月28日(日)になるのではないかと伝えています。

2009年に着工した港珠澳大橋は、総工費1200億香港ドル(約1兆7200万円)、全長約55キロを複数の海上橋と海底トンネルで結ぶ世界最長の橋であり、香港内では橋の完成による経済発展や観光促進が期待されています。

港珠澳大橋の開通にあたり、現時点で決定しているサービスは以下の通りとなります。

・大型バス「One Bus Hong Kong Macau」

観塘(クントン)からマカオの各ホテルを一日19往復、170香港ドル〜190香港ドルで運行することが決定。 One Bus Hong Kong Macauは香港政府関係筋からの突然の開通式典の発表に「突然の発表は輸送を困難にするとともに混乱が生じ、お客様に大きな不便をもたらす」と不快感を示している。

・港珠澳大橋の見学ツアー

香港から珠海までツアー車両で渡り、深圳経由で香港に戻ってくるツアーで、価格は一番安いもので249香港ドル。(帰りの金額は含まれない予定)