ミス香港2017 アジア系以外の女性も多数

更新日:2017年06月21日
LINEで送る
Pocket

ミス香港2017

中華圏最大級のミスコン「ミス香港2017」の候補者131名の写真が一部公開され、香港で話題となっています。ミス香港は、香港の主要テレビ局TVBにより毎年7月に開催されており、数多くのスターを輩出してきた注目のコンテストです。

候補者にはアジア系ではない女性も含まれており、香港の国際色の豊かさが伝わってきます。中でも注目を集めているのは、ギリシャ人の父親とオーストラリア人の母親を持つPerrieさん(写真左)、12歳の時に香港に移住し8年間生活しているそうです。候補者の写真はウェブ(リンクはこちら)から確認できます。

ミス香港の応募条件は、17~27歳の未婚の女性で、「香港IDおよび香港パスポート保持者」となっており、過去の上位入賞者の中には香港生まれのカナダ人、欧米人と中国人のハーフ、中国本土生まれの香港人など、様々なバックグラウンドを持つ女性が活躍してきました。

インターネット上では、ここ数年のミス香港について「香港や広東には美人が少ない」、「最近は中国本土出身の女性がミスコンでも幅を利かせている」、「香港人参加者はどこからその自信が出てくるのかわからない」などの厳しい意見が飛び交っています。

2017年はどのような顔ぶれがファイナリストに選出されるのかが見所です。2016年度のミス香港では、10名のファイナリストが九州で水着や浴衣姿を着用して写真撮影をおこなったことでも話題となりました。